パーキンソン病の父。はじめての車椅子

スポンサーリンク

お久しぶりです。さとういもこです。

今回は義母サトコではなく、わたしの実父の話です。

昨年5月に手足の不自由を感じてからパーキンソン病の診断を受けた実父。ひとりでの歩行はかなりおぼつかなく、杖をついてなんとか歩ける程度です。段差などは手すりや介助がないと難しく、目が離せなくなりました。

imo-shirusketch.hatenablog.com

先日、父を連れてイオンに食事に行きました。ふだんは車椅子を使っていないのですが、広い店舗内で人とペースを合わせて歩くのは難しそうなので、車椅子を借りることに。

サトコの介護をしていた時から、どこに貸し出し用車椅子があるかチェックしていたので思いがけず役に立ちました。すべて貸出中という時もあるので運次第なのだけど、手続きなく借りられるのは便利です。

途中でトイレに連れて行ったのですが、車椅子用のトイレが使用中だったので一般トイレを使うことに。その間、男子トイレの前で様子を気にしながら待っていました。サトコと違ってトイレの中まで付き添えないので異性の介護は不便なこともあるね…と思いつつ待機モードになるわたし。

サトコの介護の時にもこうしてよく待っていたなあ。「ただ待つ」状態って久しぶりだな。そうだった、介護ってやたらと待つ場面が多いんだった。「そういうもんだ」って思える前は待つたびに自分の時間が消費されるような気がしてイライラしてたっけなあなんて思い出したりしました。

この日、たぶん父にとってはじめての車椅子。わたしに介助されながら「こんなに歩けなくなるつもりじゃなかったんだがなあ」とボソっと言うのが切なかったです。